倭太鼓飛龍

Instagram

林田 ひろゆき

林田 ひろゆき

1985年より『鼓童』のメンバーとして、7年間で800回を超える舞台で活躍し、その後ソロ和太鼓奏者として活動開始。

日本を代表する和太鼓奏者として、現在はアメリカにも拠点を置き、世界的に活動しており、グラミーアーティスト『コールドプレイ』と『リアーナ』によるミュージックビデオ「Princess Of China」へも出演。スムースジャズ界の雄でピアニストのデビッド・ベノーア、革命的なベーシスト・アルフォンソ・ジョンソン等の世界的なジャズミュージシャンとのアメリカでのコンサートや、世界屈指のドラマー、テリー・ボジオ氏にも「独自の素晴らしい表現だ」と絶賛される。

特に肩から下げて演奏する“かつぎ桶太鼓”では、その第一人者として他の追従を許さない独自の世界を展開しており、高度な演奏技術はもちろんのこと、世界的打楽器メーカーである「REMO」からは、日本人初となる自身のシグネチャーモデルかつぎ桶太鼓が発売されており、最大手太鼓店「浅野太鼓楽器店」と共同開発した「桶太鼓21世紀モデル」は、その機能性を認められ、2004年度グッドデザイン賞を受賞。諏訪工芸からは子ども用に向けた桶太鼓「おけまるくん」を開発。また、世界的電子メーカーと共に電子桶太鼓の開発に携わるなど、その演奏活動だけにとどまらないフィールドとアイデアと先見の明は、まさに先端を行くパイオニアを意味する。

邦楽ジャーナル紙では、「林田ひろゆきの挑戦と結果は、現在の桶太鼓の流行の行方を占う一つの指標になるではなかろうか」と評される。

2000年からは、太鼓とジャズを融合させた、『Taiko Jazz ZI-PANG』を総合プロデュース(企画・構成・音楽)し、これまでの太鼓界にはない、太鼓と音楽の融合は多くの団体にも影響を与え続けている。
また、2012年からは和太鼓界初の取り組みとなる、全国で活動している10代~20代の実力ある和太鼓奏者を一堂に集めてプロデュースした『スーパー太鼓ジュニア』を立ち上げ、若手の育成にも努め、技術向上のサポートはもちろん、プロ奏者になるサポートも行い、和太鼓界と日本の文化の発展にも貢献している。

現在では、国内外の数多くの太鼓グループに楽曲提供も行う等、作曲家としても定評があり、揺るぎない理論で構成された講習のメソッドは、世界中で3,000人を超える参加者が受講している。
2017年からは日本太鼓協会・公認指導員の養成のカリキュラム作りと指導も行う。

林田ひろゆき・公式ホームページ:http://www.hirohayashida.com/