ご挨拶

平素は倭太鼓飛龍、並びに飛龍和太鼓教室に多大なるご理解と、ご支援を賜り心から感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの影響を受け、飛龍和太鼓教室の休講、そして皆様が心より楽しみに研鑽を続けて来られた発表の場である「一門会」は、今年度中止とする事と致しました。

日々、状況を見ながら最善策を協議してまいりましたが、運営には多くのリスクが伴う状況であると判断し、残念なご報告と、お願いになりました。
倭太鼓飛龍を立ち上げた頃は、知名度も技術も、楽器も仕事も何一つ無い処からのスタートでしたから、これまでの少々の困難は日常の事でした。
それでも応援して下さる皆様のお声や、メンバー達に助けられながら今日までやって来れましたが、今回の事については本当に困惑しております。
努力や気力、それぞれの思いだけではどうする事も出来ません。
今は活動、行動を自粛し、皆様の健康を守ることが唯一の私の責務と思っております。
今日に至るまでネット配信などで、何らかの発信をしたいと思い悩み続けておりましたが、意思表示がとても難しく、ホームページやFacebook、インスタグラムなどでの発信が中途半端にならない様に控えて参りました。

しかし、この貴重な時間に・・・   与えられた試練の日々に・・・

いつまでもそんな事では私らしく、飛龍らしくないと思い、今後は頑張って自宅で控えておられる皆様に、少しでも笑顔になって頂けるような「自宅で出来る稽古」や「自宅トレーニング」など、何か皆様と共有できるような配信をして参りますので、深いご理解と、変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。

一日も早くコロナが終息し、御拝顔できる日を心より祈っております。

飛鳥峯英