2021年5月2日放送分の讀賣テレビ放送「上沼・高田のクギズケ!」にて、
夕方5時に笑顔で太鼓を打つことが、幸せな気持ちを作ったり、
リラックス効果に繋がるとの内容が紹介されました!

◆リズミカルな動きは快楽ホルモンであるセロトニンを増加させる
プラスで笑顔を作ることでもセロトニンが増加する
→幸せな気持ちに!

◆反復動作を繰り返すと副交感神経が優位になる
→リラックス効果を得られる

◆昼間に昂ぶった神経は夕方に抑えられる
→「夕方5時」はベストタイミング

これらのことから、和太鼓にはストレス発散や心身の健康に効果があることが分かります。

コロナ禍で溜まったストレスの発散や、体を動かして免疫力アップに!
新生活にも少し慣れてきた今こそ、和太鼓を始めてみませんか?

無料体験も実施しております!